エコカーとは

ここ数年、よく耳にする、エコカーですが、実際、エコカーとはなんなのでしょうか。
エコカーとは二酸化炭素や窒素酸化物などの排出量が非常に少なく、燃費もよい自動車のことを言います。
別名環境対応車とも言っています。
エコロジー(環境)とエコノミー(節約)の性格をあわせもつものをエコカーとよんでいます。
エンジンとモーターの両方を動力源とするハイブリッド車のほか、電気自動車や燃料電池車などの総称でもあります。
環境意識の高まりなどから、2009年ごろから、日本をはじめ、欧米で本格的に普及しつつあります。
エコカーは、「エンジンを使わない自動車」、「エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車」、「エンジンの環境性能を向上させた自動車」、の3種類に大きく分けることができます。
エンジンを使わない車には、電気自動車と燃料電池車があり、電気自動車は小型で軽量なリチウムイオンなどの電池を搭載し、電池に蓄えた電気を動力としてモーターで走行しています。
燃料電池車は水素を搭載し、空気中の酸素と反応させて電気をつくり、モーターで走ります。
ハイブリッド車には、充電設備で充電できるプラグイン型があり、既存のエンジン能力を向上させるタイプには、軽油などを燃料とする低公害型ディーゼル車などがあります。
エコカー開発は、日本のメーカーが世界最先端にあり、自動車会社と電機会社との共同開発が進んでいます。
1997年には、トヨタ自動車が世界初の量産型ハイブリッド車プリウスを発売、2009年にはホンダが価格200万円を切るハイブリッド車を売り出して話題となりました。
三菱自動車も2009年夏に販売し。
2010年からは燃料電池車も実用されました。
日本をはじめ欧米各国が次世代自動車として期待されるエコカーの普及を後押しする税制優遇策や補助金を相次いで導入しました。
2020年には日本国内だけで、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車をあわせた普及台数が1000万台を超えるとの試算も出てきています。